モットンとブレスエアーの比較〜それぞれのメリット・デメリットとは

モットンなどの高反発マットレスの材料は「ウレタンフォーム」が一般的なのですが、今話題になっているのが「ブレスエアー」でつくった高反発マットレスです。

 

ブレスエアーとは、高反発マットレスの商品名や、メーカーの名前ではなくて、日本の化学繊維メーカー「東洋紡」が1990年代に開発新素材のことです。

 

この素材に注目した多くの寝具メーカーが、ブレスエアーの寝具をたくさん出しています。

 

モットンのマットレスと、このブレスエアーの素材で作られたマットレスを比較してみました。

 

ウレタン素材のデメリット

 

・蒸れる
多くの高反発マットレスで使われている素材のウレタン。
ウレタンのデメリットとしてよく言われるのが
「蒸れやすい」
という問題です。

 

長い時間密着していると、蒸れる、熱くなる、通常のウレタンだとこんな問題が出てきます。

 

モットンはウレタンの発泡する泡の大きさを調整する事により、高い通気性を実現しています。

 

またモットンのウレタンは通常のウレタンより、汗や空気が上から下へと流れやすい構造になっています。湿気をしっかり逃がして蒸れにくくしているのです。

 

・丸洗いができない

 

モットンのウレタン素材は、丸洗いができません。

 

しかしウレタンは敷布団と違い、ダニや害虫が住みつくことがありませんし、ほこりが出ません。

 

定期的に陰干しして、カバーをまめに洗濯する事で、清潔に保ちます。

 

ブレスエアーのウレタンにはないメリット

 

ブレスエアーには今までのウレタンにないメリットがあります。

 

ブレスエアーのメリット

 

・優れた通気性
まずあげられるのが優れた通気性です。
見た目でまず理解できます。ブレスエアーの96%は空気層でできたクッション素材です。
ウレタン素材では信じられない通気性です。

 

・丸洗いできる
ウレタンは洗うことができませんが、ブレスエアーは簡単に洗えて、しかもすぐに乾きます。いつでも清潔に保つことができるのは大きなメリットですね。

 

・クッション性
独特の構造のばねのようなクッション性があります。

 

ブレスエアーを見たときに、どこかで見たことがあるなと思いました。

 

新幹線の座席、介護市場、屋外競技の座席にも使われている素材でした。

 

耐久性に優れていることも、選ばれる理由の一つですね。

 

ウレタンとブレスエアーの違いがわかってきましたね。

 

ブレスエアーのデメリットって何?

 

これもメーカーのブレスエアーの商品によって違ってくるのですが、口コミで気になった点をまとめてみます。

 

・硬く感じる
・カサカサとした音が気になる
・寝心地が良くない、自分には合わない

 

このカサカサという音は、ブレスエアーの使い始めに鳴る音です。

 

長く使用していると、自然と音は小さくなり気にならなくなります。

 

ブレスエアーの選び方 沢山ありすぎて悩む

 

ブレスエアーの寝具は、本当に色々なメーカーから出ていますし、価格も高いものからお手頃のものまでいろいろです。

 

値段が違うと効果が違うのでしょうか?どうやって選んだらいいのでしょうか?

 

ブレスエアーの選び方について調べてみました。

 

ブレスエアーの気になる寝心地の違いは、ブレスエアーの厚さと、密度によって違うのです。

 

密度が高く厚みがあるほど、しっかりと体を支え、寝心地もふかふかした寝心地の良い寝具になります。

 

密度が低く、薄いブレスエアーでは、固く感じますし、寝心地も良くなくすぐへたってしまいます。

 

ブレスエアーを選ぶときは「厚み」と「密度」を気をつけて下さい。

 

ベッドマットレスとして使う場合は、厚さ7〜8cmのものを選ぶようにしましょう。

 

モットンとブレスエアーの値段の違い

 

ブレスエアーはたくさんのメーカーが、いろんなタイプの寝具を出しているので、比べると言っても難しいのですが、厚さ8cmベッドマットレスとしても、フローリングにそのまま敷いても使えるタイプの、[FOUR SEASONS EX2]を比べてみます。

 

この商品は三つ折りのタイプのマットレスで、30日間の返品保証付きです。

 

シングルタイプが31428円(税込)

 

モットンはシングルが39800円(税込)なので、モットンより安く購入する事ができますね。

 

メーカーによっては同じブレスエアーの商品でも、もっと高いものもありますし、もっと安いものもあります。

 

用途に合わせて、厚さと密度から自分に合った商品を選んでください。

 

モットンとブレスエアーの比較 まとめ

 

モットンとブレスエアーを比べるというよりは、モットンの素材になっているウレタンとブレスエアーという素材についての比較になりました。

 

ウレタンのデメリットはあるのですが、モットンはそのデメリット解消すべく企業努力をしているので、蒸れやすい、通気性が悪いというのは、あてはまりません。

 

ブレスエアーの大きな特徴はやはり、通気性と丸洗いできるというところですね。

 

特に通気性は、素材の見た目でわかるほど、蒸れる心配はまずないでしょう。

 

注目のブレスエアー、とモットン、どちらが自分に合っているかは、購入する方が決めることです。

 

比較を参考にして選んでくださいね。