悪評の真相って?モットンと雲のやすらぎの比較

モットンと雲のやすらぎは、どちらも有名な布団メーカーではないのですが、口コミ、テレビや雑誌の紹介で、話題になっている商品です。

 

高反発マットレスを購入しようと調べている人なら、必ずと言っていいほど検索にヒットするので、どちらにするか悩んでいる人も多いのではないでしょうか。

 

モットンと雲のやすらぎ、どういう人にあっているのか?特徴やメリット、デメリットを比較してみました。

 

雲のやすらぎは17cmの厚さ、そのメリットデメリット

 

モットンと雲のやすらぎ、ふたつの比較をしたときに一番目につくのが、厚さではないでしょうか?

 

モットンの厚さは10cm、対して雲のやすらぎの厚さは17cmです。

 

見た目ですぐわかるくらいの厚さの違いですね。

 

雲のやすらぎの17cmの厚さには、5層の構造で素材が重なっています。

 

まん中に高反発スプリングマット、それを挟んで凸凹アルファマット、そしてロレーヌダウンというフランス産の羊毛とマイティトップUの繊維が折り重なって形成されています。

 

凸凹アルファマットは点で支えますが、その点の深さはそれほどなく、弾力性に優れたコシのある素材です。

 

ではこの17cmの厚さのメリットとデメリットはなんでしょうか?

 

メリット

・厚さがあるので、フローリングの上にそのまま敷いても、底付き感がない。
・硬すぎず柔らかすぎないので、体圧を拡散し、理想の寝姿勢を保つ
・通気性に優れている


デメリット

・やはり厚いので、片付けが難しい。
・押し入れに入れるのはかさばるので大変
・通気性に優れているが、底面に水がたまる恐れがあり、干さないとカビてしまう。

 

やはり17cmの厚さだと取り扱いが大変そうですね。

 

モットンは10cmの厚さなので、片付けの面では雲のやすらぎより扱いやすいです。

 

重さは二つともほとんど変わりません。

 

それだけモットンのは10cmの中に、硬くなりすぎずへたらないような素材を入れているからですね。

 

二つの使い方 ベッド?フローリング?

 

モットンも雲のやすらぎも、ベッドで使用してもいいですし、フローリングや畳の上にそのまま敷いても使うことができる商品です。

 

そしてどちらも定期的に陰干しし、湿気を逃がす手入れがいる商品です。

 

敷きっぱなしにしておくと、マットはもちろんその下の床、畳がかびてしまう可能性があります。

 

厚みのある雲のやすらぎのほうが、湿気がたまる可能性があります。

 

こまめに陰干しして、手入れして下さい。

 

硬さが選べるモットンマットレス

 

モットンは体重、好みに合わせて硬さを選ぶことができます。

 

100N、140N、170Nの3つの硬さから選ぶことができます。

 

使ってみて硬さがあわなかった場合でも、返金保証期間内であれば、配送手数料のみで1回の交換が可能です。

 

雲のやすらぎの硬さの数値は探したのですが、ホームページ内には書いていませんでした。

 

モットンのように硬さを選べることもないので、そこはちょっと不安を感じますね。

 

リバーシブルで季節によって使い分ける 雲のやすらぎ

 

雲のやすらぎの特徴の一つに表面の素材が、裏表で違い季節によって使い分けることができるという特徴があります。

 

秋と冬は、ロレーヌダウンの面を表にし、弾力と保湿力、吸湿力が発揮されて、眠るときに最適な温度と湿度を保ちます。
春と夏は、マイティトップUの面が表となります。

 

熱をこもらせない素材で、通気性、防ダニ、抗菌、防臭効果で涼しく快適な睡眠を得ることができます。

 

モットンと雲のやすらぎどちらが安い?値段を比較

 

モットンと雲のやすらぎ二つの商品の値段は全く同じです。

 

シングル 39800円
セミダブル 49800円
ダブル 59800円

 

どちらも送料無料です。

 

サイズは雲のやすらぎのほうが若干大きめです。

 

ベッドに敷いて使う場合はサイズを確認して購入しましょう。

 

同じ値段の商品だけに、どちらが自分にあっているのか、選ぶのが難しいですね。

 

サイズの違い、生産国の違い

 

モットンのサイズ

 

・シングル:厚さ100mm×幅970mm×長さ1950mm、製品重量:約7.5kg
・セミダブル:厚さ100mm×幅1200mm×長さ1950mm、 製品重量:約9.0kg
・ダブル:厚さ100mm×幅1400mm×長さ1950mm、製品重量:約10.7kg

 

雲のやすらぎのサイズ

 

・シングル:厚さ170mm×幅1000mm×長さ2000mm、製品重量:約7kg
・セミダブル:厚さ170mm×幅1200mm×長さ2000mm、製品重量:約8.4kg
・ダブル:厚さ170mm×幅1400mm×長さ2000mm、製品重量:約9.8kg

 

雲のやすらぎのほうが厚さはあり、長さも少し長いですね。重さはモットンのほうが重いです。

 

雲のやすらぎは日本で作られています。

 

モットンは中国で作られています。

 

モットンと雲のやすらぎの比較 まとめ

 

両方とも同じ値段ということもあって、どちらを買うか本当に悩む商品です。

 

私は、雲のやすらぎの厚さがちょっと厚すぎるかなと考えて、モットンにしました。

 

フローリングに敷くので、押し入れに楽に収納できるサイズが良かったためです。

 

ベッドでしたら、雲のやすらぎにしていたと思います。

 

性能的には、同じくらいと感じました。あと3カ月試した後に返すことができるのも、モットンに決めた理由です。

 

ネット上の悪評に惑わされず自分にあったマットレスを見つけてくださいね。