100n140n170nモットンはどのニュートンを選ぶのがいい?

モットンのマットレスは、硬さを選ぶことができます。
硬さの種類は3種類、100n140n170nとありますが、Nとは何のことかわかりませんし、どれが自分に合っているのかも数字だけではわかりません。
モットンの硬さの選び方、硬さが合わなかった場合の対処法を紹介します。

 

硬さを表す単位N(ニュートン)

 

N(ニュートン)とはウレタンマットレスの硬さを表す単位です。
Nの数字が大きくなるほど、固くなり反発力が強くなります

 

このNは5cm以上の厚さのあるマットレスには、必ず表示するように家庭用品品質表示法によって決められています。

 

モットンの硬さの選び方

 

モットンは日本人の体形に合わせて作られた、マットレスです。
日本人と言っても、男性と女性では体型が違いますし、太っている人、痩せている人でもだいぶ違ってきます。

 

そんな、ひとりひとりの体型に合わせるために、モットンのマットレスは3つの硬さから選ぶことができます。
この硬さは、各体重別に、体圧分散測定を行い、そのデータをもとに用意されました。

 

100N、140N、170Nの3種類で、目安は体重が45kg以下の方は100N。体重が46kg〜80sの方は140N。体重が81s以上の方は170Nがおススメです。

 

マットレスは、柔らかすぎると、体がしっかりと支えられていない状態になり、負担が大きく筋肉が休まりません。
低反発のマットレスは、柔らかく自分の身体の形にマットが沈み込みます。

 

最初は気持ちがいいかもしれませんが、長時間寝ていると疲れるのを感じます。
寝返りがしずらく、同じ体勢をずっとキープされるので、腰への負担が続き圧迫され、腰痛の原因となる場合があるのです。

 

硬すぎると背中お尻部分に圧力が集中して、腰が浮いた状態になり、負担が大きくなります。
圧力が分散した状態で眠るのが、一か所に負担が集中しないし、寝返りもしやすく、快眠につながります。

 

この体圧分散の測定は、仰向けに寝た場合、寝返りした場合、と細かく測定されていますので、信頼できるデータです。

 

硬さがあわなかった場合

 

マットレスの硬さは、実際にマットレスに寝てからわかることも多いです。
「なんか硬さがあわない..寝心地が悪い」
「もっと固い方が良かった」
「硬すぎて、寝苦しい」

 

もし硬さがあわなかった場合も、返金保証期間内であれば1商品1回まで交換が可能です。
そして注意しなければならないのは、硬さがあわなくて交換した場合は返金保証の対象外となるのです。

 

交換する場合は、配送手数料がかかります。マットレス1つ3942円です。
返金保証期間終了後の交換はできません。

 

実際に交換する場合は、公式ホームページの「お問い合わせフォーム」より行って下さい。

 

硬さがあわないマットの調整方法

 

硬さがあわないけれど、ほんのちょっと違和感があるだけ、交換するほどではないかな、とか交換してしまうと、返金保証がなくなっていしまうのが嫌だな、と思う方は、少し工夫するだけで解消する場合があります。

 

硬いマットレスを柔らかくする方法
硬すぎて眠れないという場合は、ベッドパット、マットを入れて、柔らかく調整します。

 

柔らかいマットレスを硬くする方法
硬いものを柔らかくするより、柔らかいマットレスを硬くするほうが少し厄介です。

 

ベッドパット、マットの硬いものは、なかなかないからです。
その他にできる対処方法を紹介します。

 

・寝具の上に敷いている場合は、取り除いて直に敷いてみる。
・下に硬いスノコを置いてその上に敷く。
・薄いゴムなどをいれる。

 

調整する方法を紹介しましたが、最初はいつもの布団の感覚で慣れないのは、誰でもあることです。
しばらくしたら慣れて、ちょうどいい硬さに感じることも多いです。

 

買ったばかりで硬さがあわないと思っても、しばらく寝てみることが大切です。
そして、硬さの調整を行った場合、モットンの効果が薄れてしまう可能性があります。

 

購入する時は、自分にあった硬さの物を選び、合わないときはやはり交換してもらう方がいいと思います。

 

モットンの硬さに関する口コミ

 

・155cmで45kgです。ちょうど境目なので、100Nにしようか140Nにしようか迷いました。
硬めのベッドが好きだったので140Nを購入。
お尻が沈み込みすぎることもなく、浮くこともなく、ちょうど良かったです。

 

100Nだと柔らかすぎと感じたでしょう。
寝ているととても楽で気持ちがいいです。

 

・180cmで85kgとかなり大柄なので、ダブルの170Nを購入しました。

 

今までのベッドだと、お尻の部分がぐっと沈み込み、動きづらかったのですが、モットンのは沈み込みも適度で寝返りがしやすいです。
朝起き上がるのも楽にできて、腰痛も改善しました。

 

・145cm40kgと小柄なのですが、硬い方が体にいいと思い140Nを買ってしまいました。
硬すぎて、腰のあたりにばかり負担がくる感じで、失敗です。

 

交換する事にしました。ちゃんと表示通りの100Nを購入しておけばよかったです。

 

モットンのニュートンと硬さまとめ

モットンの硬さの選び方、合わなかった場合の交換の仕方や対処法、口コミをまとめました。

 

硬さ選びの参考にして下さい!